看護師求人自衛隊.com【※人気サイトランキング】

自衛隊の看護師求人はどこで探せばいいの?

自衛隊の看護師は求人が希少です。ハローワークなど一般には公開されていな場合もり比較的探しにくい求人と言えるでしょう。そんなときは是非転職サイトを利用してみましょう。 当サイトのランキングではナースフルが1位継続中です。自衛隊看護師という特殊な求人もサポートしますし、条件や待遇などもコンサルタントが交渉してくれるので安心です。

自衛隊の看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・転職のプロ、リクルート株式会社が運営する、看護師転職支援サイトだからサービスが大充実!
・在職中で忙しい人でも、ナースフルが自衛隊看護師への転職成功まで徹底的にサポートします。
自衛隊の募集状況のお知らせから面接設定まで、面倒な作業は全てナースフルにお任せ下さい。
・自衛隊看護師求人はもちろん、好条件・厚待遇の看護師求人情報を、登録者様にお届けします!
・福利厚生やお給料から職場選びをしたい方は、交渉上手なナースフルのコンサルタントが最適。
・自衛隊看護師への転職を目指す方はもちろん、看護学生さん向けのサポートも大充実です。
・履歴書の書き方から面接での受け答えまで、超難関・自衛隊看護師採用試験対策も万全です。
・自衛隊看護師情報を一人で探しきれないと言う方から、お問い合わせを多数受けています!



ナース人材バンク 無料 全国 株式会社エス・エム・エス 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
全国に多数の支店を持つナース人材バンクは、各地に点在する自衛隊地区病院の情報に強い!
・転職経験者からビギナーさんまで、全ての方に満足して頂けるアドバスはもちろん全部無料。
・自衛隊看護師の情報収集から応募時期〜現在の職場の退職までの流れをフルサポートします!
・自衛隊看護師求人以外にも、積極的にスキルアップしたい方に最適な求人情報多数取り扱い中。
・今どき、看護学生だってネットで就活する時代!自衛隊看護師に興味がある学生さんも歓迎!
ネットで簡単登録するだけで、自衛隊看護師情報をお届けします!休憩中にスマホでチェック!
・遠方への引っ越しを伴う可能性がある自衛隊看護師!全ての疑問・不安にお答えします!
・もちろん、納得いくまで無料相談は何回でもOK!自衛隊看護師求人の全てを教えてもらえる!



マイナビ看護師 無料 全国 株式会社マイナビエージェント 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・採用担当者を惹きつける、履歴書・職務経歴書が書ける!マイナビでサポートを受けてみよう!
・「自分でも自衛隊看護師になれる?」「自衛隊看護師の条件は?」マイナビに聞いたモノ勝ち!
・職場の状況がくっきり分かる!現場に足を運ぶ手間を惜しまないのが、マイナビのスタッフ!
・自衛隊看護師求人情報のみならず、登録すれば必ず有益な情報が手に入ると評判です!
・自衛隊看護師になるために、今やるべきことは?転職成功までの道のりを逆算して応援します。
登録は1分、利用料はゼロ円!自衛隊看護師に最短で転職するなら、マイナビがおススメ!
・マイナビのキャリアコンサルタントはとにかく経験豊富!自衛隊看護師情報も得意です!
・他社の転職相談で満足できなかったという方でも、あきらめる前にマイナビにご相談下さい!



医療ワーカー 無料 全国 株式会社TS工建 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
経験を十分活かせる職場を探したい、キャリア志向の方に、特にお勧めな医療ワーカー!
・単にお仕事を紹介するだけではなく、定期的に各種セミナーを開催中!教育的支援も大充実。
・自衛隊看護師情報はもちろん、その他の情報の中からも、最適な案件を厳選してお届け!
・紹介だけではなく、紹介予定派遣も行っているので、お試しでちょっぴり働きたい方に人気。
・自衛隊看護師への転職に向けて、あなたに代わってベネッセMCMが情報収集してくれます!
・万が一、希望するお仕事が見つからなくても、無理に転職を進めることは一切ありません!
・急いで転職したい人〜時間をかけたい人まで、希望に合わせて無料でフルサポートします。
・自衛隊看護師について、情報だけ欲しいという方でももちろんOK!まずはご登録ください!



看護のお仕事 無料 全国 レバレジーズ株式会社 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・メールお悩み相談は、看護のお仕事独自のサービス!経験豊富なカウンセラーがお答えします!
・看護のお仕事を経由して自衛隊看護師に転職された方には、最大5万円のお祝い金をプレゼント。
個性豊かな転職コンサルタントが多数在籍中、あなたにピッタリの人が必ず見つかります!
全国10万件を越える求人情報が寄せられる!希少求人への応募も圧倒的に有利になります。
・「自衛隊看護師ってどんなもの?」「自衛隊看護師のお給料は?」…等、なんでもご質問下さい!
・自衛隊看護師など希少求人は、大々的に公開していません!まずはメールでご登録下さい。
・自衛隊看護師の求人が発生した時点で、ご希望の登録者様に順番に情報提供をしています!
・自衛隊看護師以外にも、災害支援・海外支援に携われる看護師求人情報をお届けできます。



自衛隊の看護師求人は見つかる?

自衛隊看護師が働いている主な場所として、自衛隊中央病院(東京都)の他、全国各地にある自衛隊地区病院(札幌・仙台・富士・阪神・福岡・熊本・別府)ならびに各部隊の衛生隊・後方支援連帯衛生隊・陸上自衛隊衛生学校等を挙げることが出来ます。自衛隊の看護師求人情報を集めようと思っても、ネット上に詳細情報まで公開されていないと感じる方が多いと思います。

その理由はただひとつ!
「一般的な医療機関と違って、圧倒的に求人数が少ない」
--これに尽きます。

一般的な病院・クリニック・介護施設・企業などへの転職活動しかしたことがない人でも「転職先候補がなかなか見つからない」と思ったことがあるかもしれません。でもそれは「自分の思うような職場が見つからない」だけであって、本当に求人自体がないという意味ではありませんよね?つまり少し条件を緩和すれば、いくらでも転職できるということです。自衛官として働ける看護師の人数がはじめから決まっているところに、日本全国から応募者が殺到するため、その他の医療機関よりも倍率が高くなるというのが現状です。

自衛隊看護師求人を探す方法は、大きく分けて3つあります。1つめの方法は、防衛省・自衛隊のホームページに掲載されている、自衛官募集要項に沿って自力で応募する方法です。受験申込期間は毎年9月上旬から10月上旬で、試験は11月中旬になります。試験に合格すれば自衛隊看護師としてそれぞれの場所に派遣されます。2つめの方法としてハローワークの活用です。全国の自衛隊病院がある地区の管轄のハローワークで募集が出る場合があります。

でもやはり、他の医療機関の看護師求人と比べると圧倒的に掲載頻度は低く、発見した時には既に締め切り間近になってしまうケースが多いでしょう。3つめの方法として、ナースフル等の看護師転職支援サイトの活用があります。防衛省のHPに掲載されている情報では、毎年11月に受験を考えている人を対象としたものとなっています。でも実は自衛隊看護師の募集は年に1度だけで十分というものではありません。

例え特殊環境と言っても、中で働いている看護師達も一般的な女性と同じように、一時的に仕事を離れる時期があります。それが「妊娠・出産・育児」のタイミングです!また、病気や怪我、家庭の事情で、年度の途中に退職するケースもあります。突然欠員が出た場合、ナースフル等の転職サイトを通して人材を確保するというワケです。募集が掛った時にすぐに応募できるように、早いうちに看護師転職支援サイトに登録しておくこと成功への近道です。

自衛隊看護師で採用されるために

看護師が転職する場合、臨床経験がある程度あれば、大抵の職場で採用試験をパスする事ができます。でも自衛隊看護師として採用されるためには、「資格と臨床経験があれば、ほとんどの人が受かる」という考えでは不十分です。

自衛隊看護師の採用試験では、筆記試験(小論文)・口述試験・身体検査があります。筆記試験・口述試験で合格ラインに食い込むためには、「自衛隊についての基本的な理解」「自衛隊看護師の役割についての理解」「自衛隊看護師への志望動機」を明確にしておく必要があります。自衛隊看護師は一般的な医療機関で働く看護師とは違い、入隊後に国防に関する知識や災害看護・紛争時における海外支援などについて学ぶことになります。国を守るという強い使命感はもちろん、集団生活を送る上でのコミュニケーション能力・メンバーシップ・リーダーシップが非常に重要となります。口述試験の時の受け答えや態度がそのまま合否を左右すると考えて、しっかり対策をしなくてはなりません。また自衛隊看護師は病院に配属された後も、必要な訓練は続くため、一般的な看護師よりもさらに体力が必要となることは言うまでもありません。受験要項にも、身長(男性155cm、女性150cm)・胸囲・体重(過度の肥満症は不可)・視力・色覚・聴力・歯など、身体検査の合格基準が明示されています。その他にも、常時治療を必要とする慢性疾患を持つ人は応募できません。また、精神疾患や自殺企図の既往歴がある人も応募は不可です。

上記の内容から考えると、自衛隊看護師として採用されるためには、

「心身共に健康」
「自衛隊看護師としての高い志がある」
「協調性があり、さらに集団の中で力を発揮できる」
「自衛隊看護師としても、人間としても成長していけるよう、努力を続けられる人」
「自らの感情をコントロールし、特殊な環境の中でも耐えられる心を持つ人

…等の条件を満たすと判断される必要があるということです。入隊の時点でそこまで完璧な人はむしろ少ないかもしれませんが、大切なのは面接官に、「立派な自衛隊看護師として成長していけるはずの人だ」と感じさせることです。

防衛省では自衛隊の受験に関する質問や相談、資料請求等を直接受け付けていますが、「自分で問い合わせるのは少し抵抗がある」「時間がなくて、自分で動く時間がない」という方は、ナースフル等の看護師転職支援サイトを利用するのがお勧めです。皆さんにかわって、専属コンサルタントが情報収集してくれます!

自衛隊看護師の転職の流れ

自衛隊看護師を目指す人の中には、「現在一般病院で看護師として働いている」という人だけではなく、「医療現場とも自衛隊とも無縁の生活を送っているけれど、自衛隊看護師に転職したい」という人もたくさんいると思います。今回は上記の2パターンの人の転職までの流れについて、それぞれ説明したいと思います。

1 既に看護師免許を保有し、臨床経験がある人の場合
既に看護師免許がある方(免許取得見込みの者も含む)は、防衛省が募集受け付けを開始する9月上旬から10月上旬の期間に必要書類を揃えて提出します。試験は毎年11月中旬頃に実施され、合否発表は翌年1月中となります。志願書類は最寄りの自衛隊地方協力本部に請求すると郵送してもらえます。(自衛官募集HPから志願書一式をダウンロードすることも可能です。)採用されれば、翌年の4月から自衛隊に入隊となります。実際に病院等に配属されて看護師として働きはじめるのは、7週間の研修(自衛隊に関する様々な勉強・訓練)を終了してからです。自衛隊看護師の空き状況によって、毎年採用人数は違ってきます。でも大抵は5人前後と狭き門となっており、応募者が殺到するようです。その他、年1回以外の臨時採用枠が出た時に即座に応募する方法もあります。ナースフル等の看護師転職支援会社に登録しておいて、募集が掛った時にすぐに情報を手に入れるようにすれば、ライバルから遅れを取ることは少なくなるでしょう。

2 社会人で看護師免許がないけれど、自衛隊看護師に転職したい人の場合
自衛隊では自ら看護要員を養成するため、独自の准看護師養成施設を保有しています。だから「自衛隊看護師として働きたいけれど、看護師免許も准看護師免許もない」という方は、自衛隊に入隊し衛生員として勤務する方法があります。しばらく勤務した後、自衛隊の中にある准看護師養成課程に進み勉強し、試験に合格すれば准看護師として働くことができます。自衛隊入隊後に准看護師になる人のなかには、さらに救急救命士養成課程に入って、救命救急士の資格を目指す人もたくさんいるそうです。准看護師と救命救急士では取り扱える医療行為の範囲が違っているので、ダブル資格になるとさらに活動の幅を広げることができます。また、准看護師免許取得後、自衛隊の看護師養成学校に進学することも可能です。

自衛隊看護師への転職の流れをさらに詳しく知りたい方は、ナースフル等の看護師転職支援サイトに登録・相談をするのがお勧めです。


Copyright (C) 2013-2018 看護師求人自衛隊.com【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.