自衛隊看護師の福利厚生

看護師求人自衛隊TOP >> 自衛隊の看護師求人の基礎 >> 自衛隊看護師の福利厚生

自衛隊看護師の福利厚生

どの企業にも福利厚生制度が設けられています。福利厚生というのは、企業が従業員に対していつもの給与や賃金にプラスして支給する報酬(お金ではない)のことです。自衛隊内にももちろん福利厚生制度はあり、自衛隊看護師も利用できます。自衛隊看護師の福利厚生制度の内容はどのようなものなのでしょう。

防衛省共済組合施設(野球場やテニスコート、宿泊施設)というものがあり、これを利用できるほか、提携している保養施設や会員制スポーツクラブ、会員制リゾートが全国にあるので割安で利用できます。その他に定期積金や定期貯金、財形貯蓄、貸付制度、物資販売事業で売店を利用できたり、展示即売会を利用できたりします。特別職国家公務員という立場になりますので、待遇や福利厚生は良いと言えるでしょう。看護師の場合、経験年数などにより、2級陸曹から陸曹長という階級で採用されるようです。

自衛隊看護師を希望するにあたっては、あまり福利厚生面を重視することはありません。仕事内容が一番で、それから福利厚生などの確認をすることになります。しかし、一般企業よりも福利厚生の内容は充実していると言えます。福利厚生以外にも魅力はあって、給与の他に勤務や職務、職域に応じて手当がつきます。住居手当や扶養手当は一般企業などにもありますが、航空手当や航海手当、乗組手当といった、自衛隊独特の手当があります。看護師の場合、配属されるところによってつく手当は変わりますので確認しておくと良いでしょう。

待遇や福利厚生が良いため、自衛隊看護師を希望する人は多いと聞きます。しかしながら採用人数はわずかなので狭き門となることが多いです。応募資格も厳しく決められている(年齢など)ので、応募できるチャンスがある人は積極的にチャレンジしてみましょう。採用されて自衛隊看護師として働けるようになれば好待遇で働けます。

自衛隊に看護師として入隊したいなら、自衛官募集のホームページなどで募集要項を確認すると良いでしょう。実際に看護師として働いている人の声も掲載されているので、参考になるはずです。自衛隊の採用試験は、筆記試験と口述試験、身体検査があります。民間の病院に入職する時の試験とは全く違うので試験対策をする必要があります。いずれにしても、かなり優秀な人材でないと採用されないので、しっかりと準備をすることが大切です。看護という仕事はどこで行うのも同じですが、自衛隊員としての仕事も覚えなければならないのです。

自衛隊の看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 看護師求人自衛隊.com【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.