自衛隊看護師に多い悩み

看護師求人自衛隊TOP >> 自衛隊の看護師求人の基礎 >> 自衛隊看護師に多い悩み

自衛隊看護師に多い悩み

民間の病院での看護師から自衛隊看護師へ転職する人もいますが、自衛隊看護師から民間に転職する看護師もいます。民間に転職を考える自衛隊看護師は、退職するタイミングについて悩んでいる人が多いと聞きます。民間の病院に勤める看護師の場合、職場は女性が多い環境なので人間関係での悩みが多いと言われていますが、自衛隊看護師の場合はどちらかというと男性が多い職場です。仕事内容もはっきりと分かれていますので人間関係のトラブルはあまり無く、このような悩みは少ないと言われています。

退職するタイミングで悩むというのはどういうことなのでしょう。防衛医科大学の看護師養成課程に入学して自衛隊看護師になった場合ですが、勤務経験が6年未満で中途退職すると、防衛医科大学でかかった学費を償還しなければならないという決まりがあるのです。防衛医科大学の看護師養成課程では、学費の負担はありません。学費を負担せずに看護師資格を得て、短い間で辞めてしまうのであれば、学費を返してくださいということです。今までは3年目や4年目で辞めてしまう人が多かったのですが、償還義務が生じるとなれば、6年以上経ってから退職する方が良いでしょう。

また、女性の場合は家事都合や育児専念などの理由でやむを得ず退職する人もいます。苦労して入隊してやりがいのある仕事に就けたのに、家族の都合で退職するのは決断するまでにかなり悩んでいるようです。自衛隊看護師は配偶者も自衛隊員であることが多く、転勤が多いですから配偶者の転勤によって退職や転職で悩むことが多いようです。やむを得ず自衛隊看護師を退職した場合でも看護師資格は喪失することはありませんので、民間の病院へ転職できます。配偶者の転勤に伴って自衛隊看護師を退職し、引っ越し先の民間の病院で看護師として働くことが可能ですから看護師の仕事は続けられます。

職場での人間関係などの悩みはあまりなさそうな自衛隊看護師ですが、仕事の厳しさや仕事を続けていくこと、辞めるタイミングなどについてはいろいろと悩むことがありそうです。自衛隊看護師の場合、防衛医科大学を経て看護師資格を取得した場合は6年未満での退職は償還義務が生じることを知っておき、退職するタイミングを考えるようにしましょう。民間と違い、決まりがいろいろありますのでそれらをよく調べてから退職を検討するようにしましょう。自衛隊看護師は、在職8年を超えると退職者は減り、定年まで勤め上げる人が多いようです。

自衛隊の看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア




Copyright (C) 2013-2018 看護師求人自衛隊.com【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.