自衛隊看護師の転勤

看護師求人自衛隊TOP >> 自衛隊の看護師求人の基礎 >> 自衛隊看護師の転勤

自衛隊看護師の転勤

自衛隊内で働く看護師を自衛隊看護師と言いますが、この仕事に就くには自衛隊の看護学校を卒業するか、看護師の資格を持っている人が中途採用で自衛隊に入隊して自衛隊看護師になる方法もあります。しかし、どの方法でもとても倍率が高く、狭き門となっているようです。自衛隊に入隊するのですから国家公務員となり、安定しているというのが人気なのです。自衛隊看護師は、主に防衛医大付属病院や自衛隊中央病院、地方の自衛隊病院、各部の衛生隊で看護業務を行います。看護の仕事は民間の病院と同じです。病棟に勤務すれば夜勤もあります。

民間の看護師として採用された場合、転勤などはあまりないのですが、自衛隊看護師の場合は転勤があります。自衛隊看護学校に入学すれば、卒業後は全国にある自衛隊病院(8か所)か、全国の部隊に勤務することになります。看護師の中でも、転勤が多いのが自衛隊看護師と言えます。家族と同行の転勤か、単身赴任かは選択できるようになっていますので問題はないでしょう。同じところで長く勤めるよりも、全国いろいろなところで働きたい、転勤は歓迎だという人は自衛隊看護師が向いています。しかし、自衛隊看護師になるために行く自衛隊看護学校はとても倍率が高いので入るのにかなり苦労することになります。

転勤がどうしても嫌だという人や、決まった場所で長く働きたいというなら自衛隊看護師には向いていないかもしれません。また、自衛隊看護師として採用されたとしても、働くのは自衛隊病院だけではありません。自衛隊の医療班として配属された場合、病院での勤務ではありません。海外派遣される場合もありますし、国内だけでなく海外にも転勤する可能性があると考えておきましょう。自分はある一つの病院で長く働きたいのだというなら、自衛隊看護師よりも一般の看護師の方が向いていると言えます。自衛隊看護師の給料自体は一般の看護師と大差ありませんが、各種手当が充実していますので、それが魅力だとも言われています。公務員という安定した立場と、各種手当の充実という点が大きな魅力です。しかし、自衛隊看護師になるのは先ほども述べましたが狭き門ですから、しっかり勉強して自衛隊看護学校に入るようにしたいものです。看護師から自衛隊看護師に転職する場合も、大量に採用しませんから狭き門であるのは変わりません。募集要項をこまめにチェックしておかないとチャンスを逃すことがあります。

自衛隊の看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア




Copyright (C) 2013-2018 看護師求人自衛隊.com【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.