自衛隊看護師の転職の流れ

看護師求人自衛隊TOP >> 自衛隊の看護師求人の基礎 >> 自衛隊看護師の転職の流れ

自衛隊看護師の転職の流れ

自衛隊看護師を目指す人の中には、「現在一般病院で看護師として働いている」という人だけではなく、「医療現場とも自衛隊とも無縁の生活を送っているけれど、自衛隊看護師に転職したい」という人もたくさんいると思います。今回は上記の2パターンの人の転職までの流れについて、それぞれ説明したいと思います。

1 既に看護師免許を保有し、臨床経験がある人の場合
既に看護師免許がある方(免許取得見込みの者も含む)は、防衛省が募集受け付けを開始する9月上旬から10月上旬の期間に必要書類を揃えて提出します。試験は毎年11月中旬頃に実施され、合否発表は翌年1月中となります。志願書類は最寄りの自衛隊地方協力本部に請求すると郵送してもらえます。(自衛官募集HPから志願書一式をダウンロードすることも可能です。)採用されれば、翌年の4月から自衛隊に入隊となります。実際に病院等に配属されて看護師として働きはじめるのは、7週間の研修(自衛隊に関する様々な勉強・訓練)を終了してからです。自衛隊看護師の空き状況によって、毎年採用人数は違ってきます。でも大抵は5人前後と狭き門となっており、応募者が殺到するようです。その他、年1回以外の臨時採用枠が出た時に即座に応募する方法もあります。ナースフル等の看護師転職支援会社に登録しておいて、募集が掛った時にすぐに情報を手に入れるようにすれば、ライバルから遅れを取ることは少なくなるでしょう。

2 社会人で看護師免許がないけれど、自衛隊看護師に転職したい人の場合
自衛隊では自ら看護要員を養成するため、独自の准看護師養成施設を保有しています。だから「自衛隊看護師として働きたいけれど、看護師免許も准看護師免許もない」という方は、自衛隊に入隊し衛生員として勤務する方法があります。しばらく勤務した後、自衛隊の中にある准看護師養成課程に進み勉強し、試験に合格すれば准看護師として働くことができます。自衛隊入隊後に准看護師になる人のなかには、さらに救急救命士養成課程に入って、救命救急士の資格を目指す人もたくさんいるそうです。准看護師と救命救急士では取り扱える医療行為の範囲が違っているので、ダブル資格になるとさらに活動の幅を広げることができます。また、准看護師免許取得後、自衛隊の看護師養成学校に進学することも可能です。

自衛隊看護師への転職の流れをさらに詳しく知りたい方は、ナースフル等の看護師転職支援サイトに登録・相談をするのがお勧めです。

自衛隊の看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア




Copyright (C) 2013-2018 看護師求人自衛隊.com【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.