自衛隊看護師で採用されるために

看護師求人自衛隊TOP >> 自衛隊の看護師求人の基礎 >> 自衛隊看護師で採用されるために

自衛隊看護師で採用されるために

看護師が転職する場合、臨床経験がある程度あれば、大抵の職場で採用試験をパスする事ができます。でも自衛隊看護師として採用されるためには、「資格と臨床経験があれば、ほとんどの人が受かる」という考えでは不十分です。

自衛隊看護師の採用試験では、筆記試験(小論文)・口述試験・身体検査があります。筆記試験・口述試験で合格ラインに食い込むためには、「自衛隊についての基本的な理解」「自衛隊看護師の役割についての理解」「自衛隊看護師への志望動機」を明確にしておく必要があります。自衛隊看護師は一般的な医療機関で働く看護師とは違い、入隊後に国防に関する知識や災害看護・紛争時における海外支援などについて学ぶことになります。国を守るという強い使命感はもちろん、集団生活を送る上でのコミュニケーション能力・メンバーシップ・リーダーシップが非常に重要となります。口述試験の時の受け答えや態度がそのまま合否を左右すると考えて、しっかり対策をしなくてはなりません。また自衛隊看護師は病院に配属された後も、必要な訓練は続くため、一般的な看護師よりもさらに体力が必要となることは言うまでもありません。受験要項にも、身長(男性155cm、女性150cm)・胸囲・体重(過度の肥満症は不可)・視力・色覚・聴力・歯など、身体検査の合格基準が明示されています。その他にも、常時治療を必要とする慢性疾患を持つ人は応募できません。また、精神疾患や自殺企図の既往歴がある人も応募は不可です。

上記の内容から考えると、自衛隊看護師として採用されるためには、

「心身共に健康」
「自衛隊看護師としての高い志がある」
「協調性があり、さらに集団の中で力を発揮できる」
「自衛隊看護師としても、人間としても成長していけるよう、努力を続けられる人」
「自らの感情をコントロールし、特殊な環境の中でも耐えられる心を持つ人

…等の条件を満たすと判断される必要があるということです。入隊の時点でそこまで完璧な人はむしろ少ないかもしれませんが、大切なのは面接官に、「立派な自衛隊看護師として成長していけるはずの人だ」と感じさせることです。

防衛省では自衛隊の受験に関する質問や相談、資料請求等を直接受け付けていますが、「自分で問い合わせるのは少し抵抗がある」「時間がなくて、自分で動く時間がない」という方は、ナースフル等の看護師転職支援サイトを利用するのがお勧めです。皆さんにかわって、専属コンサルタントが情報収集してくれます!

自衛隊の看護師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 首都圏・関西・東海・九州
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア




Copyright (C) 2013-2018 看護師求人自衛隊.com【※人気サイトランキング】 All Rights Reserved.